沖縄で運行する新艇フェリーあぐに 過酷な海の運行には視界の妨げにならないように全面光触媒ハンノウコートをコーティングしています。

航行中お客様の安全を確保するためにも、操舵室のガラスの見通しはクリアーでなければなりません。

ガラスにコーティングすることにより、ガラスに付着する海水の塩の塊や、汚れを雨水やウォツシャー水で洗い流します。ガラスのメンテナンスフリーを実現しています。

光触媒はいかに、基板に定着させ剥げない製品を使用するかで効果年数が変わってきます。ハンノウコートは、このような荒波に運行するフェリーの操舵室ガラスに一度コーティングしても長期間剥がれずに反応し続けます。






View Corporation